お役立ちコラム

catch-img

健康経営コンサルティングとは?必要とされる企業の特徴と重要なサポート内容

健康経営とは、経営的な視点に立って従業員の健康管理を戦略化することであり、一部の取り組みには専門的な知識が求められます。

健康経営コンサルティングは、専門知識やノウハウがない企業に対して、健康経営の効果的な推進や、健康経営銘柄と健康経営優良法人の認定を幅広くサポートするサービスです。

この記事では、健康経営コンサルティングが必要とされる企業の特徴や重要なサポート内容を紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.健康経営コンサルティングとは?
  2. 2.健康経営コンサルティングが必要とされる企業の特徴
  3. 3.健康経営コンサルティングの主な流れ
  4. 4.健康経営コンサルティングで重要なサポート内容
    1. 4.1.①健康状態の可視化
    2. 4.2.②健康課題の抽出と分析
    3. 4.3.③課題解決に向けた施策の提案・実行
    4. 4.4.④施策の効果測定と改善
  5. 5.健康経営のPDCAをサポートする『HoPEサービス』
  6. 6.まとめ


健康経営コンサルティングとは?

健康経営コンサルティングとは、健康経営推進における専門的な知見とノウハウを持つコンサルタントが、従業員の健康状態の実態調査や分析、改善策の提案などを包括的にサポートすることです。

健康経営アドバイザー・健康経営エキスパートアドバイザーなどの資格を有するコンサルタントに対して、健康経営を推進するための体制構築や健康経営度調査票における課題解決をサポートしてもらうことが可能です。

また、健康投資管理会計ガイドライン策定における計画立案やKPI設定など、専門知識が必要とされる作業も任せられます。

自社で不足している知識やノウハウを埋めてもらえるだけではなく、PDCAサイクル構築まで支援してもらえるため、持続的な健康経営の推進が実現します。


健康経営コンサルティングが必要とされる企業の特徴

生産年齢人口の減少が深刻化する今、企業では従業員の心身的な健康管理を見直し、従業員のモチベーション向上や離職防止に取り組む重要性が高まっています。

そのような状況に直面するなかで、健康経営コンサルティングは以下のような課題を抱えている企業に望まれるサービスです。

  • 従業員がパフォーマンスや労働生産性が落ちてきている
  • ストレスやメンタルヘルス不調が原因である休職・離職が増えている
  • 健康経営に対して従業員の関心度が低く、取り組みが一方通行になっている
  • 健康経営を推進するための体制が整っていない
  • 経営層から健康経営推進の協力を得られていない
  • 健康経営推進に関する施策の効果測定ができていない
  • 健康経営に関する知識をもつ専門家がいない など

健康経営推進プロジェクトが上手く機能していない企業では、専門知識を有する外部リソースの活用が望まれます

健康経営コンサルティングなら、組織の現状把握の段階からサポートしてもらうことが可能です。


健康経営コンサルティングの主な流れ

健康経営コンサルティングは、一般的に以下の流れで進行します。

  1. 組織の現状把握と課題の分析
  2. 健康経営推進に向けたコンセプトの提案と設定
  3. 短期的・中長期的なKPIの設定
  4. 健康経営推進に向けた組織体制の構築
  5. 健康経営推進の施策の立案・実行・効果測定・改善

健康経営の推進では、さまざまな部門が取り組んでいる施策との連動が必要になるケースもあります。

そのため、コンサルタントは組織の現状把握やコンセプトの設定から着手し、企業全体で推進できるような体制づくりをサポートします。


健康経営コンサルティングで重要なサポート内容

ここからは、健康経営コンサルティングを利用するメリットでもある重要なサポート内容を解説します。

①健康状態の可視化

組織の現状を把握するため、従業員の定期健康診断やストレスチェックの結果から従業員の健康状態を可視化します。

また、コンサルタントは福利厚生や健康増進プログラムなども確認し、多面的に健康維持・増進に向けた取り組みをチェックします。

健康経営コンサルティングでは、健康管理システムやストレスチェックサーベイは基本サービスに含まれていないケースが多いです。

そのため、課金してオプションを追加するか、他のツールを自社で選定・導入する必要があります。

②健康課題の抽出と分析

可視化した健康データをもとに、コンサルタントが専門的な観点から健康課題を分析します。どの課題から解決に取り組むべきか、どのような手段を採用するかという計画をこの段階で行います。

健康診断やストレスチェックといった心身の健康に関する知識も必要なので、臨床心理士や保健師、管理栄養士といった資格を持った専門家の知見も活用できることが望ましいでしょう。

③課題解決に向けた施策の提案・実行

健康課題を明確化したあと、コンサルタントと企業の担当者で相談を行い、具体的な施策の企画・実行へと移ります。

施策実施後に適切な評価を行うために、健康経営に関連する指標を用いてKPI(重要業績評価指標)とKGI(重要目標達成指標)を設定します

④施策の効果測定と改善

施策を実施したあと、コンサルタントが施策の効果を定量的に評価して、目標の達成度合いを測定します

結果が思わしくなかった場合は、どのように改善すべきかを検討して次の施策へ活かします。

施策の立案・実行・効果測定・改善のPDCAサイクルを構築し、専門的な知見とノウハウを取り入れながら健康経営への取り組みをアップデートしていけるのが健康経営コンサルティングを利用するメリットです。


健康経営のPDCAをサポートする『HoPEサービス』

保健同人フロンティアが提供する『HoPEサービス』では、従業員の心身的な健康データの一元管理や、精度の高いストレスチェックの提供を通じて、健康経営のPDCAをサポートしています。

一般的な健康経営コンサルティングの基本プランに含まれないような、多彩な機能を搭載した健康管理システム、独自の尺度を含んだサーベイツールで組織と従業員の課題を抽出し、EAPコンサルタントが健康経営に向けた改善策を提案します。

直感的に使いやすいシステムのため、導入・運用がスムーズであり、なおかつ専門職によるアドバイスも充実したサービスです。


まとめ

この記事では、健康経営コンサルティングに関して以下の内容で詳しく解説しました。

  • 健康経営コンサルティングが必要とされる企業の特徴
  • 健康経営コンサルティングの主な流れ
  • 健康経営コンサルティングで重要なサポート内容

健康経営コンサルティングでは、従業員の健康状態の可視化から組織の現状把握、施策の立案・実行・効果測定・改善策の提案まで幅広いサポートを受けられます。

健康経営銘柄や健康経営優良法人に選定・認定を目指す際、健康経営コンサルティングを利用すれば専門的な知見を活かして効率よく課題を解決していけます。

保健同人フロンティアが提供する『HoPEサービス』では、従業員の健康状態の可視化やストレスチェックが簡単にできるシステムの提供に加えて、経験豊富なEAPコンサルタントによる課題解決策の提案まで支援しています。

多くの企業の健康経営コンサルティングの実績もあるため、健康経営推進に向けた体制が整っていない企業様に対して、健康経営のPDCA構築を丁寧にサポートします。

便利な機能や充実したサポートがわかる資料を無料で公開していますので、ぜひこの機会にダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

  お問い合わせ|健康データの一元管理で健康経営を推進!「HoPEサービス」 HoPEサービスについてのご質問やお問い合わせは当ページより承ります。ご質問内容や必要事項をご明記のうえ、送信ボタンを押してください。のちほど株式会社保健同人フロンティアより担当者がご連絡いたします。 株式会社保健同人フロンティア
  HoPEサービス資料ダウンロード HoPEサービスに関する詳しい資料“10分でわかる!健康管理・ストレスチェックシステム「HoPEサービス」”は当ページよりダウンロードのご請求が可能です。企業人事向け健康経営サービス、健康保険組合向け疾病予防サービスを数多く展開する保健同人フロンティアが、健康経営推進を後押しします。 株式会社保健同人フロンティア




健康経営の推進に悩んでいませんか?
私たちにお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~17:00
PC・スマホ
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
お役立ち資料はこちらから
※コラムの更新やお得な情報をお届けします。

人気記事ランキング


ロゴ_保健同人フロンティア
HoPEヘルスケア・HoPEサーベイは、1946年に結核療養のための指導啓発雑誌「保健同⼈」を旗上げし、1969年には家庭医学書『家庭の医学』などを手掛けた保健同人フロンティアが提供する法人向けサービスです。
自ら「健康経営」を体現し、Well-beingな社会を目指して企業・団体様をサポートします。
ロゴ_健康経営優良法人2023
ロゴ_プライバシーマーク
ロゴ_ISMS
ロゴ_JSA
ロゴ_EAP
ページトップへ戻る