お役立ちコラム

catch-img

健康経営を推進するサービスとは?おすすめ7社の特徴や機能を比較

健康経営の推進を課題としている企業では、従業員の健康管理を適切に行い、効果的な施策を実施できるサービスの導入が望まれます。

健康経営を目指すうえで役立つ健康管理システムやサーベイツールなどは、提供するサービス事業者によって機能や特徴が異なるため、自社の課題により適したものを選定することが重要です。

この記事では、健康経営を推進するためのおすすめサービス7社を挙げ、特徴や機能を比較しながら紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.健康経営を推進するサービスとは
  2. 2.健康経営を推進するサービスおすすめ7社
    1. 2.1.①HoPEヘルスケア
    2. 2.2.②mediment
    3. 2.3.③WELSA
    4. 2.4.④アドバンテッジ 健康経営支援サービス
    5. 2.5.⑤リモート産業保健
    6. 2.6.⑥タニタ健康プログラム 
    7. 2.7.⑦&well
  3. 3.まとめ


健康経営を推進するサービスとは

健康経営とは、従業員の健康管理を経営的な課題として考えて戦略的に実践することです。

健康経営を推進するためには、従業員の健康状態を可視化し、心身の健康をサポートするためのサービス導入が望まれます

例えば、健康管理システムには以下のような機能が搭載されています。

  • 健康データの管理
  • 健康データの分析
  • カウンセリング支援
  • 面談記録
  • ストレスチェックサーベイ など

健康管理システム以外にも、健康プログラムの企画・運営支援や、健康経営のPDCAサイクル構築を目的にしたコンサルティングなど、さまざまなサービスの形態があります。


健康経営を推進するサービスおすすめ7社

ここからは、健康経営の推進に役立つ機能を搭載したおすすめのサービスを7社紹介します。

①HoPEヘルスケア

保健同人フロンティアが提供する『HoPEヘルスケア』は、心と身体の健康データを一元管理し、データを活用した専門職によるサポートで健康経営を推進するサービスです。

▼健康経営を推進する要素

  • 医療機関によって異なる健診結果の判定基準をシステム上で統一化
  • 保健師や臨床心理士などが健康経営の取り組みを手厚く支援
  • 産業医面談・高ストレス者面談・長時間残業面談・カウンセリングなどの面談記録も一括集約

HoPEヘルスケア』は、産業保健現場の声を活かして開発されたため、非常に使いやすい操作性と実践的な機能を備えています。

ストレスチェックシステムの『HoPEサーベイ』とも連携でき、多角的なアプローチで健康経営の推進をバックアップします。

また、こころと身体の専門家が多数在籍していることに加え、健康経営取得支援の実績も豊富で、取得したデータの活用や健康施策の実施、健康経営度調査票の記入まで支援が可能です。

②mediment

メディフォン株式会社が提供する『mediment』は、組織の健康管理をクラウド上で一元管理し、高リスク者を可視化することで効果的な施策実行につなげられるサービスです。

▼健康経営を推進する要素

  • 健診結果やストレスチェックの結果をクラウドシステムに集約
  • 従業員の健康情報を分析して高リスク者を可視化
  • さまざまな要素を軸とした分析で改善点を判別

クラウドシステムならではの多機能を備えており、健康管理業務の効率化にも大きく貢献します。

③WELSA

インフォコム株式会社が提供する『WELSA』は、煩雑化している産業保健業務をシステムで効率化しつつ、健康データの分析・予測で組織の健康経営を支援するサービスです。

▼健康経営を推進する要素

  • 健康診断とストレスチェックなどのバラバラな健康データを一元管理
  • 学術的なエビデンスに基づいた健康リスクの分析と施策立案
  • 健康リスクに対する改善プログラムの提案

さまざまな健康データの一元管理だけではなく、健康課題の解決につながる施策立案や健康経営のPDCAサイクルの推進まで手厚くサポートしています。

④アドバンテッジ 健康経営支援サービス

株式会社アドバンテッジリスクマネジメントが提供する『アドバンテッジ 健康経営支援サービス』は、専門コンサルタントが本格的な健康経営の推進を支援するサービスです。

▼健康経営を推進する要素

  • 専門のコンサルタントが健康経営度調査の作成に向けた推進計画づくりを支援
  • 健康経営推進メンバーの役割調整をサポート
  • 施策の効果検証方法や情報開示媒体の構築に対してアドバイス

健康経営の戦略立案や施策の効果検証に関するサポートに力を入れており、適正な産業保健体制構築を支援するための健康管理システムやサーベイツールも追加オプションとして提供しています。

⑤リモート産業保健

株式会社エス・エム・エスが提供する『リモート産業保健』は、産業医と産業看護職の2名体制で、訪問・リモートを組み合わせたサポートで産業保健業務の負荷軽減をするサービスです。

▼健康経営を推進する要素

  • 産業医選任・ストレスチェック・職場巡視・衛生委員会立ち上げなどに対応
  • 産業医と産業看護職が産業保健業務の軽減とメンタルヘルスケアを支援
  • 他拠点で働く従業員のオンライン面接にも対応

産業医と産業看護職の専門職によるサポートを強みとしており、複数の拠点で働く従業員の面談にもオンライン+訪問で柔軟に対応できるのが特徴です。 

⑥タニタ健康プログラム 

株式会社タニタヘルスリンクが提供する『タニタ健康プログラム』は、タニタグループが長年積み上げてきたノウハウを活かし、健康づくりのPDCA実践をサポートするサービスです。

▼健康経営を推進する要素

  • IoT機器と健康管理アプリを組み合わせた健康増進プログラムの提案
  • 従業員が自身の健康課題に気づける多彩なコンテンツの提供
  • 行動変容を促すためのイベントやゲーミフィケーションの提供

タニタの計測機器や健康管理サイト・アプリ、セミナー、イベントなどの多様な要素をフル活用し、健康づくりのPDCAサイクルを構築できます。

⑦&well

三井不動産が提供する『&well』は、「楽しみながら体調管理」をモットーとし、意識変容・⾏動変容・習慣化に向けたプログラムの提供で健康経営を推進するサービスです。

▼健康経営を推進する要素

  • 従業員が楽しめる健康プログラムやイベントを多数提供
  • Well-beingカンファレンスで健康経営の説明・相談を実施
  • 健康経営優良法人認定制度に向けた現状の評価と改善のアドバイス

健康経営優良法⼈認定制度の認定に向けて、社内制度の策定と施策実行、評価・改善のコンサルティングに対応しており、健康経営推進に必要な範囲を網羅的にサポートしています。


まとめ

この記事では、健康経営を推進するサービスについて以下の内容で解説しました。

  • 健康経営を推進するサービスの特徴
  • 健康経営を推進するサービスおすすめ7社

健康経営を推進するうえで大切なのは、従業員の健康状態を見える化し、リスクに応じた適切な取り組みを実践することです。

健康管理システムやサーベイツールなどのさまざまなサービスがあるため、自社の課題を洗い出し、より親和性の高いものを選ぶことが重要です。

保健同人フロンティアでは、心と身体のデータから健康課題を抽出し、健康経営の最適解を導く『HoPEサービス』を提供しています

あらゆる健康データを一元管理できるツールと専門家による細やかな対応を組み合わせ、健康経営のPDCAに大きく貢献します。

健康経営優良法人の健康経営銘柄取得における確かな支援実績を活かし、健康経営の実現を手厚くサポートしますので、ぜひこの機会に魅力が分かる資料を無料でダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

  HoPEサービス資料ダウンロード HoPEサービスに関する詳しい資料“10分でわかる!健康管理・ストレスチェックシステム「HoPEサービス」”は当ページよりダウンロードのご請求が可能です。企業人事向け健康経営サービス、健康保険組合向け疾病予防サービスを数多く展開する保健同人フロンティアが、健康経営推進を後押しします。 株式会社保健同人フロンティア



健康経営の推進に悩んでいませんか?
私たちにお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~17:00
PC・スマホ
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
お役立ち資料はこちらから
※コラムの更新やお得な情報をお届けします。

人気記事ランキング


ロゴ_保健同人フロンティア
HoPEヘルスケア・HoPEサーベイは、1946年に結核療養のための指導啓発雑誌「保健同⼈」を旗上げし、1969年には家庭医学書『家庭の医学』などを手掛けた保健同人フロンティアが提供する法人向けサービスです。
自ら「健康経営」を体現し、Well-beingな社会を目指して企業・団体様をサポートします。
ロゴ_健康経営優良法人2023
ロゴ_プライバシーマーク
ロゴ_ISMS
ロゴ_JSA
ロゴ_EAP
ページトップへ戻る