お役立ちコラム

catch-img

健康経営を推進する施策おすすめ5選!すぐに実践すべき企画や取り組み事例

近年、少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少により、さまざまな業界で深刻な人材不足問題に直面しています。 

健康経営に積極的に取り組んでいる企業は、人材の雇用で有利になるだけではなく、従業員の生産性向上や長期雇用、離職防止にもつながっています。

しかし、健康経営を効果的に推進するために、どのような施策が自社に適しているのか、何から始めればいいかわからない人事・労務担当者様もいるのではないでしょうか。

この記事では、健康経営を推進するおすすめの施策5選を詳しく紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.効果的な健康経営の施策とは
  2. 2.健康経営に向けた施策立案・実施のタイミング
  3. 3.健康経営を推進する施策おすすめ5選
    1. 3.1.①定期健康診断・二次健診の受診率アップを図る
    2. 3.2.②従業員の健康状態の見える化
    3. 3.3.③ストレスチェックサーベイの導入
    4. 3.4.④健康経営を推進する研修・セミナーの実施
    5. 3.5.⑤従業員が働きやすい労働環境の整備
  4. 4.まとめ


効果的な健康経営の施策とは

健康経営とは、従業員の健康管理を経営の一部として捉え、戦略的な取り組みで実践することです。

健康経営を推進するには、定期健康診断の受診率アップを図る施策をはじめ、健診データやストレスチェックデータの適切な管理、セミナーや研修での健康意識向上など、多岐にわたる取り組みが求められます。

より効果的に健康経営を推進したい場合には、従業員の健康状態に基づいた施策を立案し、数値に基づく施策の効果検証を行うことが非常に重要です

これらを実行するには、従業員の健康状態を見える化し、実態に合った施策を企画・実行・検証・改善できるシステム・ツールが不可欠です。


健康経営に向けた施策立案・実施のタイミング

健康経営の推進計画は、一般的に以下のようなフローで進行します。

  1. 健康経営銘柄、健康経営優良法人認定の取得に関する要件を理解する
  2. 健康経営の目的と目標を明確化し、社内外へ発信、全社員には認知をさせる
  3. 健康経営により適した組織体制と社内体制を整備する
  4. 組織と従業員の健康状態をシステム・ツールで可視化する
  5. 健康状態をデータ分析し、改善につながる施策を立案、実行する
  6. 施策の効果検証を行い、数値で現状を把握する
  7. 現状の課題を捉えて施策を改善する、もしくは新たな施策を立案する

健康経営に向けた具体的な取り組み方がわからない場合には、健康経営を支援する専門企業や専門職のサポートを得ることも検討しましょう


健康経営を推進する施策おすすめ5選

ここからは、健康経営を推進するおすすめの施策を5つ挙げ、取り組み方のポイントや注意点を解説します。

①定期健康診断・二次健診の受診率アップを図る

定期健康診断の受診率が低い場合は、受診しない従業員に対してアンケートや個別面談、ヒアリングで実態調査しましょう

受診しない主な原因として、「仕事が忙しくて健診を受ける時間がない」「病気が発見されて人事評価に響くことが心配」というものが挙げられます。

これらの問題に対して、従業員の日々の業務や労働体制の見直しを考慮し、職場の管理職と連携しながら、健診を受けやすい環境づくりを行うことが重要です。

また、健康診断を定期的に受診するメリットとして、福利厚生サービスの優待を受けられる、疾病の早期発見で治療法の選択肢が広がるなどの情報提供を行い、受診率アップを図りましょう。

②従業員の健康状態の見える化

従業員の健康状態を可視化し、個々の健康課題を見つけるためには、健康管理システムの導入が望まれます。

例えば、健康管理システム『HoPEヘルスケア』なら、医療機関によって異なる健診データを一つのフォーマットとして集約して、健康情報を見やすく使いやすく管理できます。

健診結果の自動判定、残業時間の参照など、便利な機能が多数搭載されており、従業員の心と身体のあらゆる健康データを見える化することが可能です

従業員側もいつでも経年で健診結果を確認することができるため、ヘルスリテラシー向上にもつながります。

健康データを可視化したあとは、保健師や臨床心理士などの専門家がデータに基づいたサポートやアドバイスを行います。

健康管理システムは、従業員の健康状態に合わせた適切な研修やセミナー、その他の健康増進プログラムの計画などに大いに役立ちます。

③ストレスチェックサーベイの導入

ストレスチェックサーベイの導入により、従業員のストレスレベルに応じて日々の業務や労働環境、人間関係の改善などにつなげられます

例えば、『HoPEサーベイ』なら、個人と組織のストレスを厚生労働省が推奨している「職業性ストレス簡易調査票(57項目)」とエンゲージメントや生産性、離職リスクを測定できるオリジナルの設問を加えた 80の設問で多角的に測定し、従業員の「健康で、安心して、いきいきと働く」状態を示す、Well-beingスコアを可視化できます。

ストレスチェックをPCだけではなく、スマートフォンやタブレットからもできるようになるため、従業員のライフスタイルに合わせて実施できるのもメリットです。

ストレスチェックの結果は、わかりやすいグラフで確認・比較できるため、改善ポイントを的確に捉えた人事施策につなげられます。

④健康経営を推進する研修・セミナーの実施

健康経営推進に向けた取り組みの重要性を全社的に浸透させるためには、研修やセミナーの実施が効果的です。

例えば、健康意識の向上をテーマとした研修を実施し、ケーススタディで実践的な方法や成功事例などを具体的に提示します。

自社に健康経営推進に関する専門知識を持つリソースがない場合、外部の産業医や保健師、健康経営アドバイザーなどを頼ることも検証します

健康管理システムを提供するベンダーによっては、専門家のサポートが付帯するため、一つの選定ポイントとしておきましょう。

⑤従業員が働きやすい労働環境の整備

健康経営を推進するにあたって、仕事と生活の調和を意味するワークライフバランスの適正化は欠かせないものです。

ワークライフバランスを向上させるには、従業員に対するアンケートや面談を実施し、労働時間や休暇日数、福利厚生の見直しをするなどの取り組みが求められます

また、組織内での人間関係を良好に保ち、パフォーマンスを向上させるために、コミュニケーションを強化するツールや企画を導入するのも有効です。

メンタルヘルス不調者に対しては、社内外で専門家の相談窓口を設けるなどの対策が重要です。


まとめ

この記事では、健康経営の施策に関して以下の内容で解説しました。

  • 健康経営に向けた効果的な施策
  • 健康経営に向けた施策立案・実施のタイミング
  • 健康経営を推進する施策おすすめ5選

健康経営の推進に効果的な施策は多岐にわたりますが、重要なのは従業員の健康状態を見える化し、実態に合わせて適切な施策を講じることです。

施策の実行だけに終わらず、効果を数値から測定して次の施策の改善につなげることで、健康経営への取り組みを継続的に強化できます。

保健同人フロンティアが提供する『HoPEサービス』は、心と身体の健康データの一元管理と組織と個人の課題を見える化するストレスチェックで、健康経営の施策を強力にサポートします

あらゆる健康データの収集と照合を一つのシステムで完結できるため、人事・労務担当者様の健康管理業務にかかる負担が大幅に軽減されます。

健康経営の推進に向けて、データを根拠とした施策を打ちたい方は、ぜひこの機会に資料を無料でダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

  HoPEサービス資料ダウンロード HoPEサービスに関する詳しい資料“10分でわかる!健康管理・ストレスチェックシステム「HoPEサービス」”は当ページよりダウンロードのご請求が可能です。企業人事向け健康経営サービス、健康保険組合向け疾病予防サービスを数多く展開する保健同人フロンティアが、健康経営推進を後押しします。 株式会社保健同人フロンティア



健康経営の推進に悩んでいませんか?
私たちにお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~17:00
PC・スマホ
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
お役立ち資料はこちらから
※コラムの更新やお得な情報をお届けします。

人気記事ランキング


ロゴ_保健同人フロンティア
HoPEヘルスケア・HoPEサーベイは、1946年に結核療養のための指導啓発雑誌「保健同⼈」を旗上げし、1969年には家庭医学書『家庭の医学』などを手掛けた保健同人フロンティアが提供する法人向けサービスです。
自ら「健康経営」を体現し、Well-beingな社会を目指して企業・団体様をサポートします。
ロゴ_健康経営優良法人2023
ロゴ_プライバシーマーク
ロゴ_ISMS
ロゴ_JSA
ロゴ_EAP
ページトップへ戻る