お役立ちコラム

catch-img

健康経営の推進で離職率を低下させる秘訣!おすすめの健康管理システムも紹介

離職率が高い原因は、業務量過多や人間関係によるストレスなどさまざまです。

離職率が低下しない場合、健康経営に基づいた健康管理の徹底や、ストレスチェックを活用した職場環境改善などの施策で、問題を解決できる可能性があります。 

この記事では、健康経営の推進で離職率を低下させる秘訣について詳しく解説します。


目次[非表示]

  1. 1.健康経営の離職率への影響とは
  2. 2.健康経営を実施している会社は離職率が比較的低い
  3. 3.健康経営が疎かで離職率が高い会社の特徴
    1. 3.1.業務量が多く残業時間が長い
    2. 3.2.従業員への評価が適切ではない
    3. 3.3.人間関係が良くない
  4. 4.離職率を下げる健康経営に基づいた施策
    1. 4.1.従業員の健康管理の徹底
    2. 4.2.ストレスチェックを活用した集団分析による職場環境改善
    3. 4.3.業務・人間関係におけるストレスリスクを改善する
  5. 5.健康経営で離職率を下げるなら『HoPEサービス』
  6. 6.まとめ


健康経営の離職率への影響とは

健康経営とは、従業員などの健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。

ストレスチェックを活用した不調の未然予防や職場環境改善、コミュニケーションの活発化などの健康経営への取り組みは、従業員の離職率にも影響します。

たとえば、ストレスチェックは従業員のメンタルヘルスの不調を把握して、不調の悪化を防いだり、職場のストレス要因を改善することで離職を未然に防止できます。

また、コミュニケーションの活性化によって、従業員が社内で何でも相談しやすくなるため、業務に対する不安を解消することが可能です。

離職率が高い場合は人材が定着しにくい組織であり、低い場合は人材が定着しやすく働きやすい組織であるという見方もできます。

離職率の低さを働きやすさの一つの指標として捉える求職者も多いため、健康経営に積極的に取り組む必要性があります。


健康経営を実施している会社は離職率が比較的低い

健康経営を実施している会社は、離職率が比較的低い傾向にあります

経済産業省の『健康経営の推進について』によると、全国平均の離職率が11.4 %ですが、健康経営銘柄を取得している会社の離職率は3.3%となっています。

人手不足が問題となっている日本において、健康経営への投資は人材確保のために必要です。
このように、健康経営に取り組む会社は、人材の確保が効果的に行われています。


健康経営が疎かで離職率が高い会社の特徴

ここでは、健康経営が疎かで離職率が高い会社の特徴を詳しく解説します。

業務量が多く残業時間が長い

離職率が高い会社は、従業員の業務量が多く残業時間が長い傾向にあります。退職の主な理由に挙げられるのは、業務量過多や労働の拘束時間が長いことです。

人手不足によって労務管理が適切でなくなると、従業員一人ひとりに業務が集中してしまい、ストレスの原因となります。

そのため、従業員の勤怠管理や人事配置を見直し、従業員のメンタルヘルスを気遣う施策が必要です。

従業員への評価が適切ではない

従業員が適切な評価を受けられないとモチベーションが低下し、離職につながってしまうケースがあります。

たとえば、評価基準が曖昧である場合、従業員は何を目標に仕事をすればいいかわからなくなります

また、同じ従業員同士でも業務内容や業務量に差があった際に、給与が変わらないと不満を感じやすくなってしまいます。

このような問題を避けるため、人事評価方法の見直しや評価担当者の教育などを検討してみるのも大切です。

人間関係が良くない

組織内での人間関係が原因で離職してしまうケースもよくみられます。

上司と部下などの人間関係が良くない場合、職場でのコミュニケーションがとれず、従業員がストレスを抱え込みやすくなります

ストレスの増加によって従業員のエンゲージメントが低下し、仕事に対するモチベーションも下がってしまうのは大きな問題です。

また、上司からのハラスメントによってストレスを抱えてしまう場合もあります。

人事部門では、職場環境を改善するために、上司と部下の縦の関係と同僚同士の横の関係に着目する必要があります。

さらに、社内の教育体制の見直しや、異なる部署同士の交流会などの取り組みの実施も重要です。


離職率を下げる健康経営に基づいた施策

ここでは、離職率を下げる健康経営に基づいた施策について詳しく解説します。

従業員の健康管理の徹底

従業員の健康管理を徹底すると、心身ともに健康で働くことが可能となり、離職につながりにくい状態を維持できます。

たとえば、健康に関する福利厚生や研修の実施は、従業員の健康状態の保持や充実感の創出に効果的です。セルフケア研修なら、従業員のヘルスリテラシーの向上が可能です。

自身でのセルフケアや健康診断への積極性が増し、病気を未然に予防できる行動がとれるよう意識が高まります。

従業員の健康管理は社内の健康レベルを向上させて、エンゲージメントの向上にもつながります。

ストレスチェックを活用した集団分析による職場環境改善

ストレスチェックの集団分析を活用した職場環境改善の取り組みは、従業員のストレス緩和につながります。

集団分析は、各職場のストレス状態やストレスの原因を把握して、優先順位をつけながら職場環境の改善を可能にします。 

さらに、それぞれの職場に応じた改善施策を検討できるため、効果的に職場環境の改善を図ることが可能です。

たとえば、業務量の多さがストレスの原因である場合、業務割り振りの見直しや人員の補充、スキルアップの研修などの施策を検討します。

各部署におけるストレスの原因を探るためにも、ストレスチェックの集団分析を活用した施策が必要です。

業務・人間関係におけるストレスリスクを改善する

離職率の低下には、業務や人間関係におけるストレス発生のリスクの特定・改善も重要です。

たとえば、適度に休養がとれる労働環境や、コミュニケーションをとりやすい組織づくりで、従業員のストレスを解消しやすい環境を構築できます。

また、管理職に向けたラインケアやコミュニケーション研修の実施は、上司が部下の不調の悪化を防いだり、職場のストレス要因を改善することでフォロー体制を強化できます。 

このような研修を行うと、管理者が中心となって部下の健康状態を把握できる体制の整備が可能です。


健康経営で離職率を下げるなら『HoPEサービス』

保健同人フロンティアが提供する『HoPEサービス』は、従業員の健康情報を一元管理できる『HoPEヘルスケア』や従業員のストレス状態を可視化できる『HoPEサーベイ』の提供を通じて、離職率低下につなげられるサービスです。

専門家によるカウンセリングのサービスも付帯しており、従業員のメンタルヘルスを改善します

▼『HoPEサービス』の特徴

  • 健康に関わるデータの一元管理で、効率的な残業時間管理、健康管理を実現
  • Well-beingスコアを網羅したストレスチェックで従業員や組織全体のストレス値の可視化できる
  • 産業医面談やカウンセリングの記録を集約し、従業員の対応漏れを防ぐ

健康経営を健康データの活用で推進して、効果的に離職率を下げたいという方は、お気軽にご相談ください。


まとめ

この記事では、健康経営の推進で離職率を低下させる秘訣について以下の内容で解説しました。

  • 健康経営の離職率への影響
  • 離職率が高い会社の特徴
  • 離職率を下げる健康経営に基づいた施策

健康経営を実施している会社は、離職率が比較的低い傾向にあります。 

離職率が高い会社では、業務過多で残業時間が長かったり、人間関係が悪かったりするため、従業員がストレスを抱え込みやすい場合が多いです。

また、従業員への評価が適切でないと、従業員の不満が高まり、離職につながってしまいます。

離職率を下げるためには、従業員の健康管理の徹底やストレスチェックの集団分析、業務・人間関係における職場環境改善を行う必要があります。

保健同人フロンティアが提供する『HoPEサービス』は、従業員の健康管理システムや、独自のストレスチェックなどの多彩な機能で離職率を低減するサービスです。

従業員の健康情報の一元管理で健康管理を効率化できる『HoPEヘルスケア』と、ストレスチェックによるストレス状態の把握で離職リスクを可視化できる『HoPEサーベイ』を組み合わせることで、離職率の低減をサポートします。

離職率の低下に役立つ『HoPEサービス』について、詳しくわかる資料を無料公開していますので、ぜひこの機会にご覧ください。

  お問い合わせ|健康データの一元管理で健康経営を推進!「HoPEサービス」 HoPEサービスについてのご質問やお問い合わせは当ページより承ります。ご質問内容や必要事項をご明記のうえ、送信ボタンを押してください。のちほど株式会社保健同人フロンティアより担当者がご連絡いたします。 株式会社保健同人フロンティア
  HoPEサービス資料ダウンロード HoPEサービスに関する詳しい資料“10分でわかる!健康管理・ストレスチェックシステム「HoPEサービス」”は当ページよりダウンロードのご請求が可能です。企業人事向け健康経営サービス、健康保険組合向け疾病予防サービスを数多く展開する保健同人フロンティアが、健康経営推進を後押しします。 株式会社保健同人フロンティア




監修者:保健同人フロンティア 黒坂泉
監修者:保健同人フロンティア 黒坂泉
企画マーケティング室 企画マネージャー 臨床心理士/健康経営エキスパートアドバイザー 大学院修了後、EAP企業にて、心理学の知見に基づいた企様々な業向けのメンタルヘルスケアサービスの企画・開発。従業員向けのゲーム研修開発や睡眠改善プログラムアプリサービスの企画開発を行う。現在は、企業人事向けの健康経営支援サービス開発の他、新規事業企画、マーケティング戦略企画・実行を担当する。また、大学との共同研究にも参加し、第30回日本産業ストレス学会(2022年)にて、当社が独自に開発した「職業性レジリエンス向上研修」の効果検証について発表を行った。

健康経営の推進に悩んでいませんか?
私たちにお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~17:00
PC・スマホ
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
お役立ち資料はこちらから
※コラムの更新やお得な情報をお届けします。

人気記事ランキング


ロゴ_保健同人フロンティア
HoPEヘルスケア・HoPEサーベイは、1946年に結核療養のための指導啓発雑誌「保健同⼈」を旗上げし、1969年には家庭医学書『家庭の医学』などを手掛けた保健同人フロンティアが提供する法人向けサービスです。
自ら「健康経営」を体現し、Well-beingな社会を目指して企業・団体様をサポートします。
ロゴ_健康経営優良法人2023
ロゴ_プライバシーマーク
ロゴ_ISMS
ロゴ_JSA
ロゴ_EAP
ページトップへ戻る