お役立ちコラム

catch-img

健康経営のメリット・デメリットとは?企業と従業員にもたらす効果を徹底解説

従業員の健康に投資し、健康の維持・向上を目指す健康経営がさまざまな企業で導入されています。

健康経営は企業と従業員、双方にとって多くのメリットがあり、適切に推進することで企業の成長にもつなげられます。

しかし、健康経営にはデメリットもあるため、メリットとあわせてそれぞれの概要を知っておくことが大切です。

この記事では、健康経営の概要をはじめ、健康経営を推進するメリットとデメリットについて詳しく解説します。


目次[非表示]

  1. 1.健康経営とは
  2. 2.健康経営を推進する5つのメリット
    1. 2.1.①従業員と組織の労働生産性向上
    2. 2.2.②離職リスクを抑制できる
    3. 2.3.③企業イメージアップで採用に有利になる
    4. 2.4.④健康経営優良法人の認定で特別な待遇がある
    5. 2.5.⑤社会保険料の負担を減らせる
  3. 3.健康経営に取り組むデメリット
  4. 4.健康データの可視化で健康経営をサポートする『HoPEサービス』
  5. 5.まとめ


健康経営とは

健康経営とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。

企業理念に基づいて、従業員への健康投資を行うことで活力や生産性向上などの活性化が期待でき、結果的に業績や株価の向上につながると考えられています。

健康経営が推進されるようになった背景として、少子高齢化による労働人口の減少や高齢化、国民医療費の増加などが挙げられます。

労働人口の減少は、企業の従業員不足や国民医療費の増加につながるため、これらの課題を解消するためには健康経営への取り組みが必要です。

健康経営を推進することで、従業員の心身の健康を維持・向上させるだけではなく、生産性アップや企業イメージアップなどの効果も期待できます。

ただし、健康経営は単に推進すればよいというものではなく、正確な知識と明確な目標を持って行うことが重要です。


健康経営を推進する5つのメリット

ここでは、健康経営を推進するメリットを5つ紹介します。

①従業員と組織の労働生産性向上

元気がない従業員が多い企業では、生産性が自然と低下してしまいます。

健康経営を推進することで、心身的に健康な従業員が増え、業務の効率やパフォーマンスの向上につなげることが可能です。

従業員一人ひとりの業務効率やパフォーマンスが向上すれば、組織全体の労働生産性向上につながります。

②離職リスクを抑制できる

近年では、企業における離職率が大きな課題となっており、従業員を定着させる取り組みが求められています。

健康経営を推進することで、従業員の健康が維持され、病気や怪我、メンタルヘルス不調などが減り、離職につながるリスクが抑制されます。

経済産業省『健康経営の推進について P.38』によると、健康経営度が高い企業ほど離職率が低い傾向にあることが示されています。

③企業イメージアップで採用に有利になる

健康経営を推進している企業は、社内外に“働きやすい環境”“従業員に優しい企業”など、よいイメージを発信することが可能です。

健康経営銘柄や健康経営優良法人の取得・認定で、健康経営に積極的な取り組みをしている企業だと証明できます。

こういった休職者に対するアピールは、採用面でもメリットがあり、新たな人材の確保にも役立ちます。

④健康経営優良法人の認定で特別な待遇がある

健康経営を推進し健康経営優良法人として認められた場合は、特別な待遇が受けられます。健康経営優良法人に認定された場合は、認定ロゴマークが使用可能になり、PR活動に活用できます。

また、健康経営の普及や促進を目的に、「健康経営格付」を融資に取り入れている金融機関もあり、融資優遇を受けることも可能です。

保証料の減額・免除、奨励金や補助金などの金銭面で優遇を受けられる場合もあるため、企業経営や事業に活かせます。

⑤社会保険料の負担を減らせる

体調を崩す従業員が多い場合は病院に通う回数が増え、企業が負担する社会保険料が増えます。

しかし、健康経営の推進で従業員の健康意識が高まり、怪我や病気で病院にかかる頻度を減らすことが可能です。

結果として企業と折半している社会保険料の負担が減らせるため、コストの削減につなげられます。

また、健康経営優良法人に認定されれば、保険会社から保険料の割引を受けられるため、積極的に取り組む意義があります。


健康経営に取り組むデメリット

健康経営を推進することでさまざまなメリットが期待できますが、デメリットもあります。健康経営に取り組むデメリットは主に以下のとおりです。

▼健康経営に取り組むデメリット

  • 従業員に取り組みを周知させて協力してもらう必要がある
  • 投資効果の可視化が難しい
  • 従業員の健康状態を管理するためのシステムが必要
  • メンタルヘルスケアやストレスチェック、健康診断や残業時間を利用したデータの分析と活用に専門的な知識が必要

企業で健康経営を推進するためには、まずその対象となる従業員への周知と協力が欠かせません。
従業員が非協力的な場合は、健康経営を推進しても効果が薄い可能性があります

従業員の健康への投資は可視化が難しい場合があり、データを管理するためにも専用のシステムが必要です。

ストレスチェックや健康診断などを利用したデータ分析と活用には専門的な知識が必要で、担当者に学習や資格の取得をしてもらわなければなりません。

健康経営の推進は容易ではありませんが、上記のデメリットを解消することでより高い効果が期待できます。


健康データの可視化で健康経営をサポートする『HoPEサービス』

健康データの可視化を行うのであれば、健康経営をサポートする『HoPEサービス』がおすすめです。

HoPEサービスは、健康データの一元管理ツールと専門家による細やかな対応が特徴であり、健康経営を推進していくうえで必要なPDCAをサポートします。

直感的かつ使いやすいシステムによるデータの一元管理を実現する健康管理システム『HoPEヘルスケア』、離職リスクと生産性の見える化を実現するストレスチェックサーベイ『HoPEサーベイ』を提供しています。

2つのサービスを活用し、従業員の心身の健康状態を可視化、分析、活用することで、より効果的な健康経営を実現できます。


まとめ

この記事では、健康経営について以下の内容で解説しました。

  • 健康経営とは
  • 健康経営を推進する5つのメリット
  • 健康経営に取り組むデメリット
  • 健康データの可視化で健康経営をサポートする『HoPEサービス』

健康経営の推進をするためには、デメリットを乗り越える必要があります。

しかし、デメリットを解消し健康経営を推進できれば、従業員の健康の維持・向上、企業のイメージアップ、生産性の向上など、さまざまなメリットをもたらします。

健康データの可視化や分析は難しい場合もあるため、健康経営をサポートするツールを利用するのも一つの選択肢です。

保健同人フロンティアが提供する『HoPEサービス』は、従業員のあらゆる健康データをシステム上で一元管理し、専門職による視点で分析・アドバイスを行い、健康経営のPDCAを回すサービスです。

従業員の健康状態を専門的な知見で多角的に分析し、健康経営を目指すための施策に役立てたい方は、ぜひこの機会に『HoPEサービス』の導入メリットが分かる資料を無料でダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

  お問い合わせ|健康データの一元管理で健康経営を推進!「HoPEサービス」 HoPEサービスについてのご質問やお問い合わせは当ページより承ります。ご質問内容や必要事項をご明記のうえ、送信ボタンを押してください。のちほど株式会社保健同人フロンティアより担当者がご連絡いたします。 株式会社保健同人フロンティア
  HoPEサービス資料ダウンロード HoPEサービスに関する詳しい資料“10分でわかる!健康管理・ストレスチェックシステム「HoPEサービス」”は当ページよりダウンロードのご請求が可能です。企業人事向け健康経営サービス、健康保険組合向け疾病予防サービスを数多く展開する保健同人フロンティアが、健康経営推進を後押しします。 株式会社保健同人フロンティア
  ストレスチェック「HoPEサーベイ」2022年度データから読み解く傾向と対策 2022年度にストレスチェック「HoPEサーベイ」を受検いただいた約30万名分のデータを統計資料としてまとめました。ぜひお気軽にダウンロードください。 株式会社保健同人フロンティア





健康経営の推進に悩んでいませんか?
私たちにお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~17:00
PC・スマホ
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
お役立ち資料はこちらから
※コラムの更新やお得な情報をお届けします。

人気記事ランキング


ロゴ_保健同人フロンティア
HoPEヘルスケア・HoPEサーベイは、1946年に結核療養のための指導啓発雑誌「保健同⼈」を旗上げし、1969年には家庭医学書『家庭の医学』などを手掛けた保健同人フロンティアが提供する法人向けサービスです。
自ら「健康経営」を体現し、Well-beingな社会を目指して企業・団体様をサポートします。
ロゴ_健康経営優良法人2023
ロゴ_プライバシーマーク
ロゴ_ISMS
ロゴ_JSA
ロゴ_EAP
ページトップへ戻る